コンセプト

アジアと日本を繋ぐ架け橋へ

現在の日本では、大都市を除く地方都市は一部を除き過疎化が進み、
生産年齢人口の減少も重なり、
その地域単体でのビジネス、
商売は非常に苦戦を強いられているのが実情です。

このままの道筋を辿ると、大げさではなく
日本の伝統的な「ものづくり」は消滅していく危機感さえあります。
もちろん「ものづくり」だけではなく、
その他の産業においても同様の事が言えると思います。

私達は、拡大するインバウンドを主体とした
「スマートフォン決済」の提供と、
個人単位による輸出入を実現する「越境EC」とを組み合わせ、
地方都市の「ものづくり」「地方産業」を改めて活性させたい想いで、
このシステムを開発致しました。

越境ECを通して
地方産業を活性化させ、地方創生へ。

グローバル化、情報化が進む現在、
日本の良質な「ものづくり」はアジアへこそ市場があります。

そのアジア市場と日本の企業を繋ぐ架け橋となる役目が
私達の企業理念であり、起業目的であります。

地方産業を活性化

アジアンポータルは、
アジアを繋ぐ新たな経済圏を目指します。

日本と中国間で始まった越境ECは、
近い将来、アジア全域を繋ぐ個人の自由貿易へ発展します。

ASIAN PORTALは、日本を含む東アジア4ヶ国、ASEAN10ヶ国、インド、スリランカなどアジア各国へスマートフォン決済を活用した越境ECポータルを提供し、国家間の貿易から、各国の個人同士が自由に貿易できる、新しいアジア経済圏の形を目指します。